こんにちは。富山県西部を中心にお墓のお仕事をさせていただいております、有限会社石森石材の石森佑輝です。

今回は砺波市庄川町にて、「お墓の一部分が傾いてしまった」お墓の修理についてご紹介したいと思います。修理に合わせて、お墓のリフォーム工事(土台部分の石張りとお墓のクリーニング)もいたしましたので、その様子もお伝えしたいと思います。

 

修理前のお墓

今回、工事をさせていただいたお墓がこちらです。「お墓の後ろの部分が傾いてきている」ことを心配されて、お客様からご相談いただきました。現地にてお墓を確認させていただくと、下の画像のように傾いてきていました。

 

写真では少しわかりづらいですが、目地(石と石の間)の部分が欠損し、石が少しずつ内側に傾いてきていました。目地の部分が傷むと、雨風が浸入したり、石自体の接着がとれてこのように傾いてくることがあります。今回は耐震ボンドを使って、この傾いている部分やその他の部分も合わせて、修理をさせていただきました。

こちらはお墓の土台部分です。お墓を建てられて30年以上経つと、コンクリートの部分も経年劣化します。ひび割れや剥がれ落ちそうな部分もあるため、今回はこちらの部分にも石を貼り、コンクリートの劣化を防ぐリフォームも施工いたしました。

また今回はお墓のクリーニングも合わせて行いました。

文字の部分や、汚れが染みついた部分をキレイにしていきたいと思います。

 

施工が完了いたしました

傾き修理、石張り、クリーニングの施工が完了いたしました。

 

まずお客様が一番気にされていた傾きの部分です。今後傾くことがないよう、耐震ボンドをつかってしっかりと接着をいたしました。目地の部分もコーキング材を詰め直して、雨風のが入らないようにいたしました。

石張りをした土台部分はこのようになりました。

石を貼ることによって、コンクリートの部分を保護するだけではなく、見た目にも大変良くなるのではないかと思います!

土台の上の面だけでなく、タテの部分も石を貼りました。

クリーニングもおこなったことで、大変キレイになりました。文字の部分や家紋の部分、なかなかとれなかったところもスッキリです。

工事を終えて、お客様からも「心配事が解決できたこと」「お墓がきれいになったこと」を、喜んでいただくことができました。ありがとうございます。

お客様の心配事やご要望に丁寧にお応えできる石材店となれるよう、頑張りたいと思います。