こんにちは^^
石森石材5代目の石森佑輝です。

南砺市内の村墓地にて、国産やさとみかげ石を使用した和型のお墓が完成しました。

その様子をご紹介いたします^^

完成したお墓のお写真

ご相談いただいた経緯とご要望

以前に弊社でお仕事をさせていただいた南砺市のお客様からのご紹介で、新規のお墓を建立されるにあたって弊社にご相談いただきました。現地を確認させていただき、お客様が「地盤が少し軟らかいかもしれない」ことを気になさっていて、私も基礎工事会社に勤め携わっていた経験から、地盤の固さを確かめた上で施工をさせていただきました。

 

お墓の建立とこれから基礎コンクリート工事を進める、墓地予定区画地です。

重機を使って掘削している様子です。コンクリートの厚みも大切ですが、

支える地盤の固さも大切です。今回はかなり深めに掘削し、軟弱な地盤を取り除いて、

固い地盤までたどり着いたところから施工をいたしました。

しっかりと転圧した地盤に砕石を敷きつめ、再度転圧し、コンクリートの型枠を組みます。

「強度の高いもので」というお客様のご希望がありましたので、

鉄筋も細かいピッチ(鉄筋の組み幅)で組ませていただきました。

基礎コンクリートの上に巻石(境界石)を設置し、お参りされる部分の石張りをしました。

台座となる一枚盤の石を設置し、いよいよお墓を建ててまいります。

 

お墓が完成しました

お墓が完成いたしました!

和型の中でもシンプルなデザインで、やさとみかげを使うことによって

優しい雰囲気のお墓に仕上がりました。

やさとみかげ石は茨城県産の石です。青白く、石目も優しい雰囲気の石ですが、

水はけが良いため、富山の気候には適した石材のひとつということで、

お客様にも選んでいただきました。

納骨室の後ろの部分には通風孔も取り付け、風通しの良いお墓の構造になっています。

仕上がったお墓をご覧になって、お客様は「ありがとう」と一言、嬉しそうにお伝えくださいました。お客様は、工事中も何度も足を運んで下さり、仕上がっていくお墓をご覧になられては、嬉しそうな様子が大変印象的でした。こちらも嬉しく、気持ちを入れてお仕事させていただくことができ、感謝の気持ちで一杯です。これからも、お客様に納得していただけるお墓づくりができる石材店を目指して、精進していきたいと思います。