南砺市是安(旧城端町)の越中不吹堂 級長戸辺神社にて、石灯籠を設置させていただきました。

こんにちは!富山県の砺波市や南砺市を中心に、石やお墓のお仕事をさせていただいております有限会社石森石材 5代目の石森佑輝です。

今回は、南砺市是安(旧城端町)にある越中不吹堂(ふかんどう) 級長戸辺(しなとべ)神社にて、奉納される石灯籠を施工させていただきました。その時の様子をご紹介いたします。

工事完了後のお写真がこちらです

白の御影石を使って、ご要望のあった大きさや形で施工させていただきました。

 

今回、神社へ献燈されるご依頼主様よりご相談いただきました。当社が、以前に別の場所で施工させていただいたものと同じような灯籠を、ご献燈されたいとのご希望で、ご依頼主様や神社の宮司様ともお話させていただいて場所や大きさ、形などをお選びいただきました。

 

施工中の様子です

まずは地面を掘って、基礎コンクリートをつくります。砕石という砂利の層をつくって、転圧する機械を使って地盤を締め固めます。

 

鉄筋を敷き並べて型枠を組みます。この枠の中に生コンクリートを流し入れます。

 

基礎のコンクリートが仕上がると、灯籠の土台部分の積み石を設置してまいります。

 

内部には鉄筋や、ステンレスのアンカーなど開き留め金具を設置して、頑丈な土台部分をつくります。

 

組みあがると、こちらにもコンクリートを充填いたします。

すごくしっかりした土台ですね。と組み合ってきた様子をご覧になられた宮司さんが嬉しそうなご様子でした。

 

クレーンを使って、灯籠の上部も組み上げてまいります。こちらの級長戸辺神社には、大変大きなご神木が何本も鎮座しています。

 

 

 

積みあがると、目地や細かい部分の仕上げをして、施工完了!です。

 

灯籠が完成いたしました!

拝殿の正面、もみじの木々のそばに設置完了です。

 

完成した灯籠をご覧になられて、内部の電気も点灯確認をし、ご依頼主様や宮司様に喜んでいただくことができました!明るくなって、薄暗い時間に参拝される方にもありがたいですとお伝えいただきました。

 

後ろの面にはご依頼主様のお名前や建立日など文字彫刻させていただきました。

 

 

 

 

 

このたびはご縁をいただいて誠ににありがとうございました。