こんにちは。富山県砺波市の石材店、有限会社石森石材の石森佑輝です。富山県西部のとなみ野を中心に、お墓や建築石材などの石工事をさせていただいております。

今回は、砺波市中野の地域墓地にて、シンプルなデザインの洋型墓石を建立させていただきました。その時の様子をご紹介したいと思います(^^)

完成したお墓がこちらです

お客様からご相談いただいた経緯とご要望

今回ご依頼いただいたお客様は、以前からこちらの墓地に和型のお墓をお持ちでした。ご家族の方がお亡くなりになり、ご納骨されるにあたって、「古くなったお墓を新しくしたい」、「シンプルで、大きすぎないお墓にしたい」ということで、ご相談をいただきました。

お客様のお墓のイメージをお聞きし、以前に当社で施工させていただいたお墓のお写真などをお見せしながら、デザインや石についてお話を進めさせていただきました。当社の施工例の中で、イメージに近いようなデザインがあったため、今回このようなカタチで施工をさせていただきました。

 

石はインド産のアーバングレーという石です。落ち着いた風合いの石で、当社でも多く実績のある石です。お客様のお墓のイメージにも合った石ということで、今回こちらの石をお選びいただきました。

 

お客様のご要望にもあった、大きすぎないお墓ということで、背丈ほどの大きさのお墓に仕上がりました!(^^)

大きすぎず、デザインもシンプルですので、本当に掃除などのお手入れはしやすいお墓になったのではないかと思います(^^)


 

 

お墓の納骨室まわりです。扉には家紋の彫刻をさせていただきました。彫り込んだ部分には黒色の墨入れをさせていただきました。墨入れをすることで、文字などが見やすくなるだけでなく、引き締まった印象のお墓になります。

扉の前には扉止め、また通風孔(納骨室内の通気をする風窓)、防風型ロウソク立てが付いています。

 

お墓の土台部分には、お墓の雰囲気に合うように石張りをさせていただきました。こちらの石はツルツルに磨いた石ではなく、バーナー加工と言って、ザラザラの表面になっています。雨の日など濡れた時に滑りにくいだけでなく、石にすることでコンクリートの基礎の劣化を防ぐことができます。

 

建立したお墓をご覧になられて、お客様には大変喜んでいただくことができました(^^)ご要望にお応えできたこと、イメージに近いかたちのお墓になったとお聞きして、大変うれしく思います。

これからもお客様の思いや、ご要望にお応えできる石材店となれるよう精進していきたいと思います(^^)